こんにちは、私は息子を亡くしてからずっと元気がでなく毎日いろいろ考えてしまってます。

ある人から息子の前世は人を殺した事のある人でその魂が息子だと言われその為に短命だ!と言われました。

そんな事って本当にあるのですか?

息子は、優しくて家族思いで友達にも好かれ、真面目で大人しい子でした。

そんな子でも、前世が悪人だったとして現在は善人でも宿命で短命として生まれてくるんですか?

人間の寿命は、前世で決まってしまうのですか?




A. どう考えてあげたら、息子さんは救われるのか。

こんばんは。亀山純史と申します。
亡くなられた息子さんへの悲しみに、少しでも寄り添うことが出来るならばとの思いで、回答させていただきたいと思っております。

平安朝の女流歌人の和泉式部は、幼い我が子の死を悼んで、「夢の世に あだにはかなき 身を知れと 教えて帰る 子は知識なり」と詠んでいます。「幼くして逝ってしまった我が子は、この私にこの世の無常なることを教えるために、生まれ、そして死んでいった仏さまだったのだ。」ということです。お子さんを亡くされた方が全員、このような心境になることは難しいことかもしれませんが、少なくとも、この和歌の中には、「あの子は前世があーだったから」などということは、全く詠われておりません。もしも、「前世の影響であの子はこうなったのだ。」と思うならば、それは亡くなられたあの子に大変申し訳ないことだと私は思いますが、母ちゃんさんは、どう思われますか。
大切なことは、母ちゃんさんがどうしたら納得するか、ではなく、どうしたら、あるはどう考えてあげたら、亡き息子は救われるのか、ということだと思います。先にご紹介した和泉式部の和歌も、どう考えてあげたら、幼くして亡くなった我が子は救われるのか、という思いから詠まれたものだと思っています。